クルマの損害保険には自賠責保険または任意保険に代表される2つの分類が用いられています。任意保険、自賠責保険ともに万一の自動車事故など際しての補償を得るものですが、契約の内容は若干違っているといえます。ふたつの保険を見比べると補償が約束される事象が差別化されているのです。※相手には、「自賠責保険」「任意保険」どちらでも補償します。※自分については『任意保険』で補償されるようになっています。※自己が所有する財産に関しては、【任意保険】のみによって補償します。自賠責保険のみでは自分への怪我や自動車についてのサポートは享受できません。次に相手方への賠償などですが自賠責保険は亡くなられた場合は上限三千万円・障害が残った場合最大で四千万円という風に定められているのです。しかし賠償金が直前に述べた値段を上回ってしまうことは起こり得ます。加えて事故の相手の車や建築物を壊してしまったケースに関しては、加害した者のまったくの自己補償になると定められています。だからこそ任意保険が必要なのです。被害を受けた人のサポートを主眼としている任意保険というものにも実は、それに留まらない役割があります。※相手方へは、死亡時あるいは負傷のほかにも、乗用車や不動産といった様々な財産を賠償してくれるのです。※自分に対しては搭乗者も対象として、死亡時またはケガを補償してくれます。※自分の所有する財産に対しては自動車を賠償してもらえるのです。様々な面で支援が抜かりないのが任意保険における長所です。保険の掛金の支出は欠くべからざるものとなりますが、事故が起きた時の相手方のためにも自分自身のためにも自動車に末長く乗りたいのであればぜひ任意保険に入っておきましょう。